FC2ブログ

チラシの裏

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.11.12[金] ガンサイトの話とか

他の方のエントリに野暮なツッコミを入れるのがお家芸と化していますが、今回もそんな話です。

さて今回のツッコミ先はひでさんのガンサイトが変というエントリ。

まず砲塔旋回速度に関してですが、これは以前のエントリで説明したとおり行動補正時間最大値と強い相関関係があります。冥界の行動補正時間最大値はカルポ、エクサどちらでも12。極端に大きい値のホイリーとバッドを除けば行動補正時間最大値の幅は7~13なので、冥界は昔から砲塔旋回は遅いほうです。当然、砲塔旋回が遅ければそれに引っ張られて赤い点(以降、当ブログでは照準点と呼びます)の移動は遅くなります。

次に照準点が行き過ぎる件について。実はこの話、カルポの頃からある話なんです。これに対する考察はライさんがされていて、結論はこちらのエントリにあるこの部分です。

>恐らく内部的には、
>まず砲身をターゲットの方向へ向けて、
>次に上半身をターゲットの方向へ向けて
>それから機体が旋回するんじゃないかと思う。
>その過程で射線が順次ずれていく。

グラホの射撃が正確と言われる一因はこの仕様だと思います。グラホのW1は銃身が左右に動きませんから。



追記:ひでさんのものを参考に検証を行った。確かにカルポに比べて遅くなっている。以下の2点が理由と思われる。

1.カルポではターゲットロックした1f後に砲塔が新しいターゲットに向けて旋回を開始したが、エクサではターゲットロックした1f後にガンサイトが追従、その1f後に砲塔がガンサイトに向けて旋回を開始するため。ただし、銃身はターゲットロックした次のフレームには新しいターゲット(ガンサイト)に向けて移動を開始する。
2.銃身(砲塔ではない、その武器固有の部分)の速度が明らかに遅くなっている。

以上2点。2についてこれから詳しく検証する予定。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://98998.blog65.fc2.com/tb.php/62-d1fc23b9
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。